アフィリエイト、ネットビジネス情報をお届けします。 

アフィリエイト ネットビジネス 情報 

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2008.12.10 Wednesday | - | - |
[ HOMEアフィリエイト > 電子メール・マーケティングの概要 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

電子メール・マーケティングの概要

< 電子メール・マーケティングの概要の記事はココから >
ご存じでしたでしょうか。

最初のコンタクトで製品を買おうと決めるのは、なんと見込客の1%未満にすぎません。

最初のコンタクトとは、見込客があなたのセールス・ページを最初に読んだとき、あるいは、オンライン・ビジネスの内容を見込客に初めて紹介したときを指しています。

インタネットは、その繁栄にかかわらず、依然として匿名が主流の世界であり、その結果として不信感はぬぐいきれません。

たまたま見つけた会社をそう簡単に信用できないのも、無理はありません。



一方、3〜8回のコンタクトで製品を注文した顧客が全体の70%を上回っているのです。

つまり、苦労して稼いだお金で製品を購入してもらうためには、あなたの会社についての情報を見込客に3〜8回、目にしてもらう必要があることになります。





質問:見込客に2回以上接触するには、どのような方法があるでしょうか。



回答:効果的なEメール・Marketing・キャンペーンを企画します。





電子メール・マーケティング・キャンペーンとは



電子メール・Marketing・販促は、アクセス者から営業情報を収集するための戦略です。

決して終わることのない継続販促です。

その目的は、登録を促して信頼関係を築くと同時に、製品情報を見込客に知らせることにあります。



Eメール・マーケティング・キャンペーンは以下の工程に分けることができます。



1.アクセス者がハウスリストに登録できる情報収集ページを作ります。

2.自分の会社を信用してもらい、最終的には製品を注文してもらうことを目的に、メーリングリストのメンバーへ一連のメッセージを送信します。

3.あなたが宣伝を担当している提携製品であろうと、あなた自身の製品であろうと、ハウスリストのメンバーにオファーを送信します。



Eメール・マーケティング・キャンペーンとはいえ、製品注文を説得するメッセージばかりではだめです。

メッセージは、取り扱い製品に関する貴重な情報を伝える必要があります。

そうでなければ、どのメッセージもすべてアドバタイズメントだと思われてしまいます。





Eメール・マーケティング・キャンペーンの中核



Eメール・マーケティング・キャンペーンの中核になるのは、優れた自動レスポンスサービスです。

自動反応サービスは、Eメール・マーケッティング・キャンペーンを可能にするエンジンです。

オンライン・ビジネスで、優れた自動反応サービスが実行する機能は以下のとおりです。



#見込客のカテゴリーごとにハウスリストを参照する。



#準備されたメッセージをシステムに取り込み、指定した間隔で配信されるようにする。



#アクセス者が登録する際、アクセス者の連絡先情報を収集する。



#メッセージを一括送信する。または、個人的なメッセージを特定の受信者に送信する。



#スパム防止機能により、メッセージの配信率を高め、スパムについてのクレームから保護する。



#必要であれば、ダブル・オプトイン機能により、スパムのクレームが発生した場合に備える。



つまり、自動反応サービスがなければ、Eメール・マーケッティング・キャンペーンは成り立たないのです。





アーティクル



では、メッセージの内容はどのようなものがよいのでしょうか。



最終的な目標は売上を獲得することですが、製品注文を勧めるメールを次から次に送ることは避けなければなりません。

これは大切なことです。

どのようなメッセージをハウスリストに送信したらいいかについては、コツがあります。



まず、次の基本的なやり方を試してください。

最初の3つのメールは、見込客にとって価値のある内容にしてください。

無料で差し上げます、や、見込客に喜んでもらえる、役に立つ内容にしてください。

4度目のメールではじめて申し出してください。

それで売上を獲得できるかもしれないし、できないかもしれません。

5〜7番目のメールでは、ふたたび無料で差し上げますとか価値のあるものを提供する内容にしてください。

8番目のメールでもう一度申し出してください。



こういった感じで続けてみてください。



ここでのポイントは、販売するという内容ばかりにして、見込み客をがっかりさせないことです。

販売するまでに少し時間をおいてください。

信頼を獲得することです。

あなたが気前のよい人だと思わせてください。



ほどなく、見込み客はあなたのオンライン・ビジネスを信用するようになります。

信頼を獲得することが顧客獲得へとつながるのです。



< 電子メール・マーケティングの概要の記事の続きはココから >
< 電子メール・マーケティングの概要の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.19 Monday 04:10 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > 思い込みが成功を遮断する? ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

思い込みが成功を遮断する?

< 思い込みが成功を遮断する?の記事はココから >
今日は人間の思い込みと成功への障害についてお話しようと想います。








突然ですが、あなたは新幹線に乗るとき次のどの席を選択しますか?





1)自由席


2)指定席


3)グリーン車








もし、乗車の目的がビジネスに関するものならわたしは常にグリーン車に乗ります。


例えば、講演会を開催するとき、目的は移動ではなく、セミナーで最大限のパフォーマンスを発揮することだからです。


疲れきっていては良い話しはできませんよね。








でも、一番最初にグリーン車に乗る前は、調べもせずに物凄く高価で、お金持ちしか乗れないものだと思い込んでいました。


ですから、グリーン車に乗ろうなんて想いもしませんでした。





いかがですか?ビジネスに置き換えても同じような現象があるのではないでしょうか?








お金持ちになることや成功することへの恐怖と繋がるものがあります。








うちのスタッフも移動はグリーン車です。





はじめて乗った時、“テーブルがない!ない!”と探し回り、飛行機のように左の肘掛からやっとテーブルを見つけたような状況が、何度も乗ると、グリーン車が普通になりグリーン車でないと違和感を覚えてくるんですね。








あなたは、ベンチマークしているMarketerがいますか?





彼/彼女、わたし、あなたも同じ普通の人間なんですね。


自分の中にありもしない天井を造って自分の可能性を遮るのを今日から止めましょう。








想い描けないことは100%実現しません。まずは、想いましょう。








ブレイナーズはわたし一人の想いからスタートしました。








あなたはどんな想いを持っていますか?








あなたの成功へのマインドセットは:


http://www.info-business123.com/thankyou.html



< 思い込みが成功を遮断する?の記事の続きはココから >
< 思い込みが成功を遮断する?の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.14 Wednesday 04:09 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > 今さら人には聞けない無料レポートの作り方 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

今さら人には聞けない無料レポートの作り方

< 今さら人には聞けない無料レポートの作り方の記事はココから >
最近では、ハウスリスト収集の為、メルマガ読者増の為にFreeレポート生成して配布するマーケターがとても増えて来ました。








そこで今回は、「今さら人には聞けないフリーレポートの作り方」をご紹介します。











チャプター1:道具をそろえる





チャプター2:ネタをキャッチする





チャプター3:情報収集する





チャプター4:整理する





チャプター5:書き出す











それでは早速やってみましょう。











チャプター1:道具をそろえる





フリーレポートダウンロードして読んでもらうにはPDF形式のファイルにして提供するのがスタンダードな方法です。





まずは、PDF文書作成ソフトが必要になってきます。





PrimoPDF


http://www.primopdf.com/





原稿は、普段使い慣れているテキストエディタその他のワープロソフトを使う事にします。


持ってないという方は、無料で入手出来るソフトをご紹介します。





OpenOffice.org


http://ja.openoffice.org/








収集した情報を整理する為に今回はマインドマップを使ってみます。





FreeMind活用クラブ


http://www.freemind-club.com/











チャプター2:ネタをキャッチする





ネタをキャッチする方法はいくつかあります。





今回は「人力検索はてな」を使いましょう





http://q.hatena.ne.jp/








ネタをキャッチする、簡単でスピーディーな方法はホットなテーマで尚且つ多くの人が知りたがっている情報です。





「人力検索はてな」にアクセスして下さい。





次に「注目の質問一覧」をクリックして下さい。


後は、分かりますね。自分が得意としているカテゴリをじっくり観察して下さい。











チャプター3:情報収集する





さあ、ネタが決まったら情報収集です。


普段時間に追われている在宅ワーカーが貴方に支払う対価は「時間の短縮」です。








あなたは、誰よりも多くの時間を掛けて情報収集して下さい。


普通の人が情報収集したら1時間掛かるリソースを10分で把握出来るようにリンクと完結な、わかり易いコメントを加えて下さい。





ここで最も重要な事は、読者のメリットです。


貴方が多くの時間を費やして収集した情報を読者に提供し読者の大事な時間を節約してもらう事に最大限の注意を払って下さい。











チャプター4:制作する





収集した情報をやりソースをマインドマップを使って整理しましょう








1:余分な情報を削る


私は500ページもあるeBookを今すぐ読みたいとは思いません。


それだけのボリュームがある電子書籍を読破するには読み始める前に相当の覚悟が必要になるでしょう。


フリーレポートであれば50ページもあれば多い方でしょう、15〜30ページを目安にシンプルに仕上げる事を心がけて下さい。





沢山の情報を集めると、全部を書き出したくなりますが、これはNGです。。


焦点がぼやけて、肝心な事が伝わらなくなります。読者にとって必要無いと思われる情報は削って下さい。





また、余白を必要以上に余白を取り、ページ数を稼ぎボリューム感を演出する事も避けましょう。


読み進んでく度に読者に不要なストレスを与え潜在的な不満感を与えてしまう可能性も無いとは言えません。








2:追加する


読者の立場に立ってレポートを読み返します。そして疑問点や質問したくなるような事を全て洗い出します。


そしてその質問に解答する形で一つ残らず潰していきます。





相手が目の前にいない以上、あなたは相手の質問に答える事が出来ません。


あなたの代わりを務める営業マンは、貴方の作成したレポートです。








3:順番を考える


読者の立場に立って優先順位を良く考えて下さい。


マインドマップを使って、いろいろ入れ替えてみて下さい。








4:書き出す


[PrimoPDF] [OpenOffice.org]などを使って書き出してみましょう。











チャプター5:配布する


Download センターやスクイーズページ、オプトイン収集のランディングページ生成してレポートを配布します。



< 今さら人には聞けない無料レポートの作り方の記事の続きはココから >
< 今さら人には聞けない無料レポートの作り方の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.09 Friday 10:47 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > 効果的な電子メール・マーケティング・キャンペーンを実現する3つの条件 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

効果的な電子メール・マーケティング・キャンペーンを実現する3つの条件

< 効果的な電子メール・マーケティング・キャンペーンを実現する3つの条件の記事はココから >
Eメールマーケティング販売促進を成功させるには3つの条件があります。


メーリング・リストから金脈を探しあてるには、これら3つの条件をすべて満たしている必要があります。





3つの条件とは何でしょうか。 それらの条件をどうすれば満たすことができるのでしょうか。








到達率





送信したメッセージを読んでもらうには、まず、受信者の受信トレイにメッセージが届かなくてはなりません。


数年前であれば、送信したメッセージはほぼ間違いなく相手先に届いていました。


ところが、最近は必ずしもそうとは言えないのです。


ほとんどのメーリング・システムには、着信メッセージをチェックするスパム防止フィルタが備わっています。


メッセージがスパムと見なされた場合は、その他の迷惑メッセージと一緒に別のフォルダに振り分けられ、受信者の目に触れる可能性がほとんどなくなってしまいます。





つまり、フォローアップ・メッセージの配信率は、こうしたスパム・フィルタをいかに回避できるかに左右されるのです。


そして、その鍵はメッセージの記述方法にあります。


ここで、やっかいなスパムフィルタを回避するためのヒントをいくつか紹介しましょう。





・タイトルであろうと、本文であろうと、メッセージ内で警告用語を使用しない。スパム・フィルタは機械です。人間と同じような洞察力はありません。スパム・フィルタは、メッセージ内の単語に基づいてそのメッセージを分類します。したがって、「free」、「congratulations」、「dear friend」、「cash」、「prize」、「rewards」などの単語を使用しないでください。これらの単語をどうしても使用する場合は、スペルを変えるようにしてください。たとえば、「free」の場合は「fr.ee」と記述します。これは英語圏でのお話ですが、参考までにお話しておきます。





・メッセージのタイトルに日付を入れる。これは、スパム・フィルタによって、自動生成されたメッセージだと見なされないようにするためです。





・各メッセージの最後に、そのメッセージを受け取った受信者はメーリング・リストに登録されていることを記述する。また、万が一スパム被害を訴えられた場合には、この記述が強力な論拠となります。








開封率





相手の受信トレイに何とかメッセージが到達したとしても、受信者がそのメッセージを必ず開封するとは限りません。


メッセージを伝えるには、とにかく開封してもらわなければ話しになりません。





そこで重要になるのが、Eメールの件名です。





受信者が思わずメッセージを開いて読みたくなるような、魅力的な件名を考える必要があります。


とは言え、そのような件名を実際に考えるのは簡単ではありません。


ここでは、開封率を上げるための 見出しのヒントをいくつか紹介しましょう。





・内容を具体的に伝える。件名として入力できる文字数は限られているので、難しいかもしれません。でも、不可能ではありません。たとえば、「今日、事件がありました」、「妻が出て行ってしまいました」などの見出しは、効果的であることが証明されています。





・衝撃を与える。なんと言っても、読み手の興味を惹き付けるのは、衝撃的で意外性のある一文です。ただし、スパム・フィルタの警告用語を使用しないように注意してください。





・読み手を誘い出す。「何かすばらしいこと」が待っているとアピールすれば、受信者はきっと、わくわくしてメッセージを開いてくれます。








精読率





当然、送信したEメールを読んでもらわないことには、ビジネス・メッセージを伝えることができません。


多くのインタネットマーケッターにとって、これは最も簡単な部分です。





なすべきことは、メッセージ文を慎重に検討することだけです。


不安をあおる、メッセージを誇張する、感情に訴える、解決方法を提示する、競合会社を巧みに論破する、行動を誘い出す。


これらはコピーライターが使用する一般的な戦術ですが、フォローアップ・メッセージにも取り入れることができます。





ただし、オプトインリストのメンバーに同じようなメッセージを何度も送信していると、アピールしたい製品やサービスの新鮮味が失われてしまいます。


メッセージでは、何か貴重なものを提示したり、相手の味方であることを訴えたり、収益だけを追求する冷徹なビジネスマンではないことを強調する必要があります。





まずは、相手の信頼を得ることです。


それができれば、あとはすべてうまくいきます。



< 効果的な電子メール・マーケティング・キャンペーンを実現する3つの条件の記事の続きはココから >
< 効果的な電子メール・マーケティング・キャンペーンを実現する3つの条件の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.09 Friday 04:09 | - | trackbacks(2) |
[ HOMEアフィリエイト > 人は私達ではなく彼らの理由で購入する ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

人は私達ではなく彼らの理由で購入する

< 人は私達ではなく彼らの理由で購入するの記事はココから >
このあいだある人から電話がありました。


彼は自分がオンライン上で販売している情報が既にインタネット上で無料で配布されているのではないかと恐れていました。








わたしはいつも言っているんですが(殆どのエキスパートが同意すると想います)、“人は私達ではなく彼らの理由で購買する”のです。








そして、それは真実なんです。








では、わたしたちは勝組の視点でどうこの問題を捉えるべきなのでしょうか?








まず第一に、何もしなくても売れてしまうものはありません。


あなたがそれを自分のデスクや棚に飾りたいと想ったとしても、それは自動的に他の誰かが購買することには結びつきません。


たとえそれが無料であっても、殆どの人はそれを“無料”と捉えるだけで、全体的に見れば価値を低く受取るか価値が無いと判断します。








いかがですか?








注意深く聞いてください!








“彼らがそれを注文するには1つ以上の理由がなければなりません。”








わかります?もう一度読み返してください。








第二に、あなたは見込客に対してあなたの商品を注文すべき理由をできるだけ提供してください。


そうすれば、そのうちの1つが潜在客にアピールできるかもしれません。








第三に、実質的に無料のものはありません・・・(空気は例外かもしれませんが)








ハイ!インタネット上には多くの無料情報が存在しているのは事実です。


しかし、それって本当に無料ですか?もちろん違うはずです。








それらのいくつかは広告アドバタイジング費でまかなわれてフリーギブアウェイされているかもしれません。


でもあなたがその無料情報に辿り着くために何十時間も費やしたとなれば、あなたには時間というコストが発生したことになります。


時間はある意味、お金よりも貴重なものです。


時間を買うことは不可能だからです。


でも、あなたはいつでもより多くのお金を儲ける事ができるのです。








わたしは質問者にアドヴァイスしました。情報の価値はその文字だけではないことを:





1.配送





2.フォーマット





3.整理されている








人によっては情報をペーパーベースで入手することを希望しています。








ある人はラジオを通じて情報を入手することを望んでいます。


まだ多くの人が雑誌や書籍から情報を得ることを望んでいるのです。


またある人はオーディオテープから情報を入手したり、ウェブページ上で読みたいと望んでいたりします。








上記の3つの要素によりさまざまな形態を望む人たちがいるのです。1つ2つではありません。








わたしに質問してきた彼が答えるべき質問は、“現在の配送方法、フォーマット形態、整理の仕方で提供されている情報ではなく彼から見込客注文すべき理由”ということになります。








競争(例えばフリーギブアウェイ物との競合であっても)は問題となりません。問題は想像力です。








あなたの情報が書棚に格納されるのに相応しくないのなら、どうしたら見込客購入したくなるように情報を提供するかを考えてください。



< 人は私達ではなく彼らの理由で購入するの記事の続きはココから >
< 人は私達ではなく彼らの理由で購入するの記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.08 Thursday 10:47 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > ヴァイラルアーティクルの方向性について! ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

ヴァイラルアーティクルの方向性について!

< ヴァイラルアーティクルの方向性について!の記事はココから >
クチコミ記事は想定外の動きをしています。








当初、わたしが記事マーケティングを日本に定着させるために用意した基地としてクチコミアーティクルをランチさせました。








普及するには半年ぐらいを想定していました。


しかし、毎日メンバー登録者は増え続け記事投稿数も加速しています。








これはWeb 2.0的な潮流が日本でも英語圏と時空をシンクロしているからではないでしょうか。


ユーザーが主導権を握り、良いものを選択していく。


また、大切な人に有益な情報を教えてあげる流れ・・・








わたしはこのWeb 2.0の潮流を最大限に活用するための無料サービスを4つ準備してからクチコミ記事をランチさせました。


今まで、5年進んでいる英語圏の手法を取り入れることにより常に大きな効果を比較的簡単に手に入れてきました。








しかし、このWeb 2.0の潮流は時差がありません。


これからがわたしの経営者としての資質が問われると覚悟しています。


まだ、だれも明確にWeb 2.0を定義して完成モデルを手に入れていません。


わたしなりのビジネスモデルはとりあえず4つのサイトを無料開放することでマーケットに評価していただくつもりです。


この4つはそれぞれが異なるサービスですがコンセプトは一貫しているので連動することで効果を最大限に持って行くことができると想います。








2006年11月には最低1つのサービス、できれば2つのサービスを無料開放する予定ですが、まずはクチコミ記事の方向性をお話します。








クチコミ記事は悪戯に量を追求しません。


完全に質を重視しています。


そして、どんなに現在無名でも内容の素晴らしい記事を書く人がどんどん世の中に露出していけるような環境を整えて生きたいと考えています。








カテゴリーも希望があれば審査して追加しています。


ユーザー主導ですからこのカテゴリー追加も自然な流れです。








ブレイナーズは難しいと言われ続けてきましたので、クチコミ記事のシステムは比較的シンプルなものをまずは用意しました。


クチコミ記事が日本のインタネット上でより認知されるようになれば更なる高スペックのシステムに入れ替える予定です。


既にシステムは用意されています。








クチコミ記事には専任の担当者を配備しています。


これから追加されるサービスにも担当者を追加する予定です。








なぜ、わたしは目先の利益を生まないこれら一連のサービスを提供しているのでしょうか?


それは、このWeb 2.0の潮流はインタネットマーケッターの将来を変えてしまうほどの潜在力を持っているからです。


この潮の流れを適切に読みきらないと存在すらできなくなってしまう危険性を感じています。


しかし、逆に適切に読みきればとんでもない成果をもたらしてくれると想います。


ですから、来年はある人には大不況となりますが、ある人にはバブルとなると考えています。








あなたはどちら側の人ですか?



< ヴァイラルアーティクルの方向性について!の記事の続きはココから >
< ヴァイラルアーティクルの方向性について!の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.05 Monday 04:09 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > リンク誘導 − 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

リンク誘導 − 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法

< リンク誘導 − 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法の記事はココから >
多くの人が、「バックリンクとは、実際的な努力をしてようやく獲得できるもの」という誤った考えを持っています。


他サイトのWebマスターを探し出し、頼み込んで、説得して、やっと手に入るものだと信じているのです。





リンクを獲得する方法はこれだけではありません。








その1つに「リンク誘導」があります。


良質なコンテンツを生成することによって他のWebマスターの注意を惹きつけ、自分のホームページにぜひとも追加したいと思わせる方法です。


あなたの記事を気に入り、どうしても欲しいとなれば、リンクを設定する以外にありません。


あなたは、バックリンクをみごと獲得できるというわけです。











リンク誘導とは





リンク誘導は、その概念自体は難しいものではありませんが、実現するのは大変です。





考え方としては、以下の特長を備えた記事を記事・ページに掲載するというものです。





1.非常に有益である


2.しっかりとして読みやすい文章で書かれている


3.興味深い内容である


4.アーティクル自体、およびアーティクルが伝えようとしている情報に独自性があり、Webの他の場所では見つけることができない








一般に言われているように、ある意味、リンク誘導は、他のWebマスターを抵当に取るような方法です。


あなたは、他のWebマスターが欲しがっているアーティクルを所有しています。


他のWebマスターたちがそのアーティクルを欲しがっていることを、あなたは十分に承知しています。


しかし、アーティクルは与えません。Webマスターがあなたのアーティクルを手に入れるには、あなたのホームページへリンクするより方法がありません。











リンク誘導が有効な戦略である理由





最終的な目的は、オンライン・ビジネスに役立つ自動化システムを確立することです。


現在のように、手間ひまをかけ、リンク・パートナーを自分で探していたのでは、とてもこの目的を達成できません。


必要なのは、良質なリンクという「餌」です。この餌をまいておけば、数日後には多数のリンクを獲得することができます。





これがリンク誘導です。頼みは優良なアーティクルです。


あなたのアーティクルは常にあなたのホームページに存在するので、世界中の人々がいつでも閲覧できます。


そのアーティクルに興味のあるすべてのWebマスターが、あなたのアーティクルを選択することができるのです。











リンク誘導キャンペーンに関する重要な考慮点





リンク誘導は「魚釣り」とよく似ています。ただし、釣るのは魚ではなく、リンクです。


獲物は他サイトのWebマスター、ルアーはあなたのアーティクルです。








魚釣りの場合と同様、重要なのは最適なスポットを見つけることです。


したがって、サーチエンジンポジショニング対策が必要になります。





他サイトのWebマスターにあなたのホームページを見つけてもらうには、やはり、検索エンジンを使用するのが一番です。


検索エンジンの結果ページで、あなたのWebページが上位に掲載されるようにする必要があります。





しかしこれは、「ページランクを上げるために良質のリンクを収集する」というリンク誘導の目的と矛盾しないのでしょうか。





「イエス」でもあり、「ノー」でもあります。





リンク誘導は、ページランクの向上のみを目的とした戦略ではありません。高いPageRankを維持するための戦略でもあります。


高いページランクは、SEO対策および堅実なリンク獲得対策を通じて実現できます。しかし、こうした対策を永遠にとり続けるわけにはいきません。


そこで、ページランク維持に必要なリンクを簡単に獲得できる、リンク誘導が重要になってきます。





既に、次のようなさまざまな種類のアーティクルがリンク誘導で利用されています。





・報道価値があり、他のホームページが伝えていない画期的な情報


・普及を目的としたユーモラスなアーティクル


・常に需要のある「ハウツー」アーティクル


・既存のパラダイムを攻撃し、斬新な意見を提示しているアーティクル



< リンク誘導 − 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法の記事の続きはココから >
< リンク誘導 − 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.04 Sunday 04:09 | - | trackbacks(2) |
[ HOMEアフィリエイト > ブログにおけるread moreの重要性 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

ブログにおけるread moreの重要性

< ブログにおけるread moreの重要性の記事はココから >
ブログの普及は、ネットにおける個人メディア化を急速に早めました。


今や、個人の情報発信ツールと言えば誰もがブログと答えるでしょう








そんなブログの「read more」(もっと読む)についてのお話です。








何の為のread more?








read moreは、アイテム(記事)が長くなった時に途中で区切る為に使われます。








何故?途中で区切る必要があるのか?





あなたのブログをトラフィックしたヴィジターが、貴方の最初の記事を見て、もし満足しなかったら、その時のヴィジターのアクションは決まっています。





そうブラウザの戻るボタンやホームボタンを押して別サイトへと、クリック一つで飛んでいってしまいます。


Aさんにとっては、非常に情報価値が高かったとしてもBさんにとっては、とても退屈な情報でした。








あなたは、Bさんが、別のサイトへ飛んでいってしまう時に「ちょっとまって!」と叫ぶ事は出来ません。








Bさんを繋ぎとめる、たった一つの方法は?








一つ一つのアイテム(アーティクル)を一定に保ち区切っていく事です。








なぜ?





貴方は、毎日配置が替わる新聞を読みたいですか?


きっと9割の人が読みたくないと答えるでしょう。





だからこそ、Bさんを繋ぎとめる最良の策は、すぐに2番目のアイテム(アーティクル)を目にしてもらうという事です。





read moreが無ければBさんに退屈なアーティクルを永遠と読ませる結果となります。


Bさんは、二度と貴方のブログには、戻ってこないかも知れません。

< ブログにおけるread moreの重要性の記事の続きはココから >
< ブログにおけるread moreの重要性の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.11.01 Thursday 11:20 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > ブレイナーズの小林は自信満々? ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

ブレイナーズの小林は自信満々?

< ブレイナーズの小林は自信満々?の記事はココから >
先日ある人に、“小林さんは自信満々ですね”と言われました。


僕は“えっ!”て応えました。








なぜなら、僕はそんなこと意識もしていなかったからです。








決断するときも、うじうじと考え込むことも多々あります。


でも、決めると躊躇無く迷わず行動します。








そんな普通のおじさんが“自信満々”とは・・・








そこで、自分なりに考えて見ました。








僕は自分のことを職人だと考えています。


自分の部屋に篭り、もくもくとやるべきことを繰り返しているだけです。


あるときは作戦を練るために沈思黙考、あるときは翻訳などひたすら淡々とこなしています。








そうすると、派手な場所へ行くことも無く、高級車を欲しくなることも無く、ただ、タスクをしながら


喜びを感じるようになります。


部下が成長した姿を見ても喜びを感じます。








そうすると、傍目から観ても気負いがなく淡々と自分の信じる道を黙々と歩んでいるように感じるのかなって想います。








言い換えると、迷いながら迷走していたり、背伸びをして自分をビックに見せている人との違いが“自信満々”に見えるのかなって想いました。








僕の会社は肩書きで呼び合うことはありません。


僕を含めて苗字で呼び合います。








ですから、あなたも自分の信じる道を淡々とひたすら歩むことで相手に安心感を抱いてもらうことができると想います。








自分が全く意識していなかったのでびっくりですが、きっと今お話したことが僕の中で大きな要因なのかなって想いました。



< ブレイナーズの小林は自信満々?の記事の続きはココから >
< ブレイナーズの小林は自信満々?の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.10.27 Saturday 04:09 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEアフィリエイト > トラブルシュートマーケティングって何? ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

トラブルシュートマーケティングって何?

< トラブルシュートマーケティングって何?の記事はココから >
英語圏のマーケター問題シューターのシステムを一風変わったユニークな方法で使用しています。








問題シューティングと言えば、マーケッターが顧客に対してヘルプデスクサポートの負荷を減らす目的で使用する方法が一般的です。








この問題シューティングのシステムをユニークな方法で使われている事例を発見しましたのでご紹介します。








今回ご紹介する事例は問題シューターを自動コンサルティングマシンに変身させてしまうという使い方です。








例えば、「あなたのオンラインビジネスに欠けているものを診断します」という具合にスタートします。








そして質問が繰り返されます。








独自ドメインはお持ちですか?


ホスティングサービスのスペックは?


独自配信型のメールマガジンを発行していますか?


メルマガは週何回配信していますか?


メルマガマーケッティングのノウハウについて?


リスト収集の仕組みをお持ちですか?


SEO対策を施していますか?


商品ラインはいくつお持ちですか?


商品の量産体制をお持ちですか?


リセールライト利付き商品の入手経路をお持ちですか?








診断結果を表示させる所であなた独自の商品や他のマーケッター、企業が販売する商品やサービスへと誘導します。








日本でも様々なカテゴリーの商品がアフィリエイト可能ですから相手の悩みや問題点を洗い出した上でそのソリューションとして適切な商品やサービスを紹介して上げます。








こうする事で応答率や制約率は格段に上昇するはずです。


あなたも問題シュートマーケッティングを実践してオンライン収入アップとブランディング強化を図ってみては如何ですか?



< トラブルシュートマーケティングって何?の記事の続きはココから >
< トラブルシュートマーケティングって何?の記事はココまで >
| カテゴリ : アフィリエイト | 2007.10.25 Thursday 10:47 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!